--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/12/04 (Sun) 丸尾家の食卓終了!

ここにアップするまえに
丸尾家の食卓終わってしまいました。
詳しい状況は

クマタカエミ. http://www.facebook.com/profile.php?id=100002533959386&sk=wall
金澤宏紀. http://www.facebook.com/profile.php?id=100001265655356&ref=pb
金澤尚宜http://www.facebook.com/profile.php?id=100002574907323&ref=pb
スタッフのFacebookより覗いていただくと展示会の様子が~~
今頃にライブ感がないですね。
今回はFacebookに書き込みをスタッフが頑張っているのを横目で見ながら
なにやら面白い動きだなあと傍観してしまっていました。
TwitterにFacebook……… 瞬時に情報をネットにアップ
色々ツールが出てきました。

今回の展示会はこれからの動きを提示する様なものになったと思いました。

さてさて今回 時間というものを改めて感じた展示会に成りました。

伝統工芸館で展示会を初めてしたのは長男が生後数ヶ月の時。
出来たばかりの工芸館は工芸と云うものに対する新しい意欲に
溢れていて、始めての展示会と云うこともあり
新鮮な気持ちと、少しの緊張感と長男の事と色々に混じり合ったものがあった様に
思います。

28年前のこと。長男はもうすぐ29歳。
いつの間にかスタッフと展示会の企画をする様に……
まだまだサポートは 必要ですが
次への方向性がみえた展示会にに成りました。

30年ぶりの友人や40年ぶりに再会した後輩
恐くて一生会う事がないと信じていた高校の先生…… が
この会期中に展示会に来られ、友人や後輩には昔話に花が咲き
本当は穏やかな先生にこうして笑ながら話せる日が来たことがいかに嬉しいかを
お話したり………去年までに感じた事のない時間 の流れを一気に感じた気がしました。
いやはや、次の事を考えるところまで来た様です。

今日は熊本伝統工芸館の搬出組と暮れの工房展についての企画を
考える組とにわかれての仕事になりました。
明日からは次仕事にむけて仕事が始動致します。

ご来場いただきました全ての方にお礼をもうしあげます。
本当にありがとうございました。



スポンサーサイト

展示会 | trackback(0) | comment(0) |


<<丸尾家の食卓 続編 | TOP | 20111116のある>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://maruoyaki.blog122.fc2.com/tb.php/297-e014e41f

| TOP |

プロフィール

丸尾焼

Author:丸尾焼

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。